ネットワークビジネスで確定申告するくらいに稼いで見るんならこれ、やってみれば?

友達を誘わないでネットワークビジネスしてみませんか?

ネットワークビジネスで収入を得ている人は、全体の6割にも満たない、
と言われています。

ましてや、万単位の収入を毎月得ている人、となれば本当にごく僅か
でしょう!

それゆえに、ネットワークビジネス確定申告、という話はまだまだ
先の話、と思っているかもしれません。

しかし、実は違うのです。

特に、ネットワークビジネスの収入よりも支出が多い場合です。

そうした場合、ネットワークビジネスでは赤字になりますが、その赤字
は他の所得と合算されます。

つまり、確定申告したら、給与から引かれた税金が、戻ってくる場合
だってあるのです。

とはいえ、ネットワークビジネスの製品を購入しても、それは経費
としては認められません。

販売して、初めて購入した代金は、経費として認められますが、
それまでは在庫として持ったままです。

自分で使うために買った製品も、経費にはなりません。

では、どういったものが確定申告の時、、経費として認められるのか
というと、セミナーの費用、そこへ行くまでの交通費、勧誘しようと
思っている友人と待ち合わせした時のお茶代...

あと、資料を印刷したのなら、プリンターのインクや紙代なんかも
費用になります。

もちろん、経費だと思って申告したら認められない場合もあります。

その場合、税金が戻って来ると思っていたら、余計に払うことに
なってしまうかも...

なので、よく考えて確定申告をしましょう。

ただし...ネットワークビジネスの収入が年間20万円を超える
場合は...確定申告は考える以前に義務ですよ!

必ずしましょう!

後、早く確定申告できるまで、ネットワークビジネスの収入を増やし
たい人は、友人を誘わない、インターネットの集客方法をマスター
して、ダウンを増やしましょう!
  ↓↓↓↓

友人、親戚は誘うな!驚異のネットワークビジネス成功マニュアル!
[PR]