ネットワークビジネス9の嘘、この作者も知りたがる幻の勧誘ノウハウとは?


a0148748_14133481.jpg







ネットワークビジネス9の嘘というPDF、実はまだ手に入るんでしょうか?


ところで、この作成者、実はヘンなところでいろいろ活動しているみたい
ですね。



一時期、ネットワークビジネス関係者の間で、けっこう話題になっていた
ネットワークビジネス9の嘘


今はネットワークビジネス9の嘘は書籍化されており、作成者のホ-ムページ
からは削除されています。


見たことのない人なら、ネットワークビジネス9の嘘、どんなことが書かれて
あるか気になるところですよね!


内容としては、よくセミナーなんかで言われていることに対して、普通に
考えたら、誰だって突っ込みたくなるようなことを書いただけなんです。



しかし、このネットワークビジネス9の嘘のは、そういったことを文章にした
ことです。


これで、今までモヤモヤしていたネットワークビジネスに対する疑問が
キレイに整理されたのです。


ネットワークビジネス9の嘘の内容なんですが、

 嘘その1.誰にでも簡単に出来るよ

 嘘その2.世界中の人達が見込み客だ

 嘘その3.セールスじゃない

 嘘その4.ABCで簡単リクルート

 嘘その5.商品が勝手に売れてしまう!

 嘘その6.伸びている会社だから大丈夫

 嘘その7.組織を自動構築。 ノルマが無い

 嘘その8.早く参加した者勝ち

 嘘その9.信じれば、きっと成功できる

と、こういう感じです。


ネットワークビジネスに勧誘されたことのある人なら、ここに出てくる
ネットワークビジネス9の嘘、熱っぽく語られたことがあるんじゃない
でしょうか?



ネットワークビジネス9の嘘に書いてる以前に、そもそも世間が
ネットワークビジネスに持っているイメージって「怪しい」「インチキ」
といった感じのものです。


その気になって、ネットワークビジネスを始めて、友達を勧誘しても、
そういったマイナスイメージを持っている人に対して、一生懸命に
話をしても意味がありません。


「いや、それってねずみ講じゃない?え?違う?
 でも、ヘンなトラブルになったら困るし、やめとくよ」

こう言って断られて、終わりでしょう。


そして、あなたが勧誘した友人が、それからあなたに対して距離を取る
ようになり、さらには

「あの人さ、最近、ヘンな勧誘やってるんだよね。ねずみ講みたいなやつ。
 気をつけないとね。」

なんて噂されて...

そうなったら、もう結果は見えていますよね。




そもそも、ネットワークビジネスだからと言って、友人や親戚を勧誘
しなくてはいけない、というものではありません。


友人、知人を勧誘しない。

インターネットでネットワークビジネスを展開する方法もあります。

どうしても友達を誘って上手くいかない、あるいは誘う自信がない、
という方は、この方法を試してみるのもいいでしょう。


この方法でネットワークビジネスをした人たちの中には

会社の仕事の合間に副業でやっていたら、いつの間にか本業の収入を
越えてしまった人


とか

主婦をしながら家事の合間にやっていたら、亭主の給料よりもたくさん
稼いでしまうようになってしまった人


がいます。


もちろん、友人、親戚には全く声をかけていません。



では、気になるその勧誘ノウハウは?

この方法を実践している方に、ネットワークビジネス9の嘘の作者の
方からコンタクトがあったようです。


そのノウハウ一部を、セミナー形式で紹介しています。


このセミナーを受講すれば、今ある人脈以外の人達を見込み客にする
考え方が身につくでしょう。
  ↓
友達は誘いません!
勧誘なしのMLM成功者が禁断技を公開



ネットワークビジネス人口の0.2%の人しか知らない勧誘ノウハウ
をぜひ、手に入れてみてください!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

○1日に1~2時間のパソコン作業の在宅ビジネス!
 セミナーの参加・勧誘は必要なし!

○友人や親戚に勧誘をして頭を下げる必要はありません。
 今までと変わらない生活が出来る!


→サラリーマン、主婦、フリーターがバンバンダウン
を生み出し不労所得をどんどん稼いでいる!



一体、その秘密はなんなのか?それを教えている無料メールセミナーを読んでみてください。




↓ ↓ ↓ パソコン初心者でもどんどん稼ぎ出している【成功の秘訣】! ↓ ↓ ↓

口下手でも、不労所得で自由になっちゃう!
ダウンが面白いほど出来てしまう秘密の方法!



↑ ↑ ↑お名前とメールアドレスだけあれば濃密な情報をお届けします ↑ ↑ ↑



勧誘しないのにザクザクダウンが出来るノウハウを活用することで、

あなたの人生がどのように変わるか、考えてみませんか?
[PR]