夢のような化粧品は実在するのか?ネットワークビジネス

化粧品の原価の中身は殆どが宣伝費だ、といよく言われます。

ほんと、実際はどのくらいなんでしょうか?

とある大手化粧品会社の年間の広告費用は420億円くらい
だそうです。

高いとみるか、安いと思うかは人それぞれでしょうが、
それだけの広告宣伝費をかけて、化粧品をセールスしている
のが今の化粧品業界です。

ネットワークビジネスの会社の化粧品は、天然素材なんか
を厳選して高品質な原材料を使用しているため、原価は
多少割高になっているます。

しかし、一般の流通形態は製造元から私たち消費者に
届くまでに、流通(人件費、店舗の費用、運送費)、宣伝(TV)などの費用が
上乗せされます。

原価 10円 → 店頭価格 1000円となります。


ネットワークビジネスでは流通、宣伝費などの費用をなくし、
その費用を謝礼として伝えてくれた人に還元します。

その結果、店舗費用なんか頑張れなくなり、その分、
商品開発にお金を使えるので、化粧品なんかでも、他よりも
高品質な製品を割安で提供できるのです。
原価 200円 → 消費者価格 900円となるわけです。
原価 100円 → 消費者価格 900円となるわけです。

ネットワークビジネスに化粧品などの大手企業が参入する
背景にはこうした時代の流れを敏感に感じ取り、
ネットワークビジネス新しい流通の手段として、定着する
と考えているからです。 


世間ではネットワークビジネスを嫌う人々がまだまだいます
が、いずれほとんどの人が、なんらかの形でネットワークビジネス
から商品を購入する時代がやって来るでしょう。
[PR]