タグ:ネットワークビジネス ( 55 ) タグの人気記事

友達は誘いません!勧誘なしのMLM成功者が禁断技を公開

ニュースキンといえば、ネットワークビジネスアムウェイ
と同様、大手で古参な会社です。


このニュースキンという会社の企業コンセプトは
「肌に良いものだけを」
というもので、アトピー関係の方々には、結構愛用者が
多いようです。

ところでこの会社、ネットワークビジネスで本格的に収入を
得たい、と思ったらLOIという申請書を提出しなければ
いけません。

LOI提出後、最初の月は25万、翌月以降は毎月20万円の
売上をキープして、エグゼクティブという代理店になります。

そうしてようやく様々な報酬を受け取ることが可能になります。

言い方をかえれば、売上ノルマが存在する、という事です。

実際、ニュースキンでは自分がエグゼクティブを維持するため、
必要以上に商品の買い込みをしたり、ダウンラインに購入を
促したりといった話をよく聞きます。

「製品を売る以上、自分で体感してみないとわからないよね。
 あと、他の人にサンプルで渡したりすることもあるでしょ?
 だったらそれくらい必要だよ。」

とか、

「成功する人はパターンが決まっていて、話を聞いたら
 即、その場でLOIを出す人だね。
 そうでない人は大体、成功しないで終わっちゃうね。」

 といって製品25万円分購入させてLOIを提出させることを
やってるグループはけっこうあるようです。

もちろん、
「自分で愛用者を広げていって、20万の売上が安定して
 確保できそうになったら、LOIを出してくださいね」
と言っているグループもあります。


あなたがもし、ニュースキンに誘われた場合、
サインアップした後、売る方法も見えていないのに、いきなり
LOIを提出するよう勧めてきたら...

止めておいた方が無難かもしれないですね。


確実に、成功の道を歩みたいなら、友人や親戚を誘わないで
成功する方法を勉強してみるのもいいかもしれません。↓
0.2%の人しか知らない!勧誘しないMLM集客方法とは?
[PR]
好きなことだけをしてリッチに暮らす方法 
「卒業論文で一番お世話になった人にお礼を言おう!
 サンキュー!Wikipedai!」
というジョークが海外でのがあるほど、その存在が一般的になった
インターネットの百科事典ウィキペディア(Wikipedia)。

そのWikiネットワークビジネスを調べてみたら、どんなことが書いて
あるでしょうか?

大体、こんな感じのことが書いてました。


・連鎖販売取引のこと。この用法が多い。人脈を活用して行なう販売商法
 である事から。
・インターネットを利用したビジネスのこと。

連鎖販売取引(れんさはんばいとりひき)とは「特定商取引に関する法律 」
(特定商取引法)第33条で定義される、販売 形態(業態 )をいう。

アメリカ では"Multi-level marketing"(マルチレベルマーケティング)
あるいは"network marketing"(ネットワークマーケティング)と呼ばれ、
日本 では一般的に「マルチ商法 , ネットワークビジネス
(「ネットワーク」と「ビジネス」の間にナカグロが入る表記もあり)」
などと呼ばれることが多い。


実はネズミ講だとか、そういうネガティブな事がわんさか書かれている
かと思っていたので、wikiの内容は予想外に普通だったというか...


しかし、「金持ち父さん貧乏父さん」なんかを読んで、ネットワークビジネス
という言葉を知って、Wikiで調べた人の殆どは、

「人脈商売って...マルチのあれじゃん。ちょっと怖くてできななぁ」

と思ってそこで終わってしまうんじゃないでしょうか?

ネットワークビジネスをはじめて友達を勧誘したら、場合によっては
その友達から、他の友達の間に
「あいつ変な商売始めたぞ」
なんて噂が広まってしまうこともあるでしょうしね。

そう考えると、ネットワークビジネスをはじめるのに躊躇してしまう
気持ちもわかります。

しかし、今はインターネットがあります。

友人を誘わず、インターネットで展開することができます。

こうした↓ネットワークビジネスのスタイルを確立している人もいるのです。


 友達を誘う必要なし!インターネットとメールだけで展開が出来る!

 ムリな勧誘や、強制的なセミナーも禁止。

 月々の消費分の値段がリーズナブル。買い込みも一切なし。

 自分が欲しい分を、適正な価格で買って、消費して楽しむ。
 製品はその筋の専門家でも唸るほどの優れもの。一級品。


そんなビジネススタイルをとっているネットワークビジネス
こちら↓

0.2%の人しか知らない!勧誘しないMLM集客方法とは?
[PR]
【連絡】橋本です。私はコレで会社を辞めました!

シナジーというネットワークビジネスの会社をご存知でしょうか?

正式な名称はシナジーワールドワイドジャパン株式会社。

主力商品は「シナマックス」という、ビタミンとミネラルを
効率良く摂取できるドリンクです。

ただ、このシナマックス、過去にニューウェイズという会社
で「マキシモル」という名称で販売していたものです。

ニューウェイズから製造を請け負っていた会社が、製造レシピ
シナジーに売り渡したようですね。

その結果、ニューウェイズが製造を委託していた会社に対して
訴訟を起こす騒ぎになりました。

その後の経緯は良く知らないですが、ニューウェイズから、
再度、マキシモルが販売されていたところをみると、それなり
に解決はしたのでしょう。

そういえば、このシナジーという会社、日本でのグランド
オープンは2004年ですが、その7年ほど前に日本に上陸
していたみたいですね。

ただ、その時は商品力が弱かったり、報酬プランに説得力が
なかったりで結局、思ったように売上が伸びず、日本から
撤退したみたいですね。

再上陸した今はどうなんでしょう?

月刊ネットワークビジネス売り上げランキングでは2008年
は38位、2009年は35位。

順位だけ見れば順当ですね。

さて、日本市場では二回目の挑戦になる、シナジーですが
これから先、どうなって行くんでしょうかね?

いつまで貧乏くじを引けば気が済みますか?
[PR]
いつまで貧乏くじを引けば気が済みますか?


ネットワークビジネス業務停止のニュースをよく聞きます。

中にはそれなりに歴史がある、システムもちゃんとしている
会社が業務停止になったりしています。

ネットワークビジネスの場合、会社が何もしていなくても、
その会社と契約しているディストリビューターが、ダウンに
買い込みをさせたり、ルールからはみ出した勧誘をしたり
していたら、その会社事態のイメージが悪くなってしまいます。

例えば、勧誘の時、報酬を誇大に説明したり、伝えなければ
いけないリスクを話さなかったり、クーリングオフの制度が
あるのを隠したり...

残念ながらそういうディストリビューターがいるのは実情
です。

そういった苦情が大量に会社に寄せられているにも関わらず、
会社がそのディストリビューターに対し、何の対策も打たず、
放置していたら、業務停止という処分もあります。

ただ、多くのダウンを持ち、影響力のあるグループのリーダー
だと、会社から注意された事に腹を立て、ダウンごと他の
会社に移動されてしまっては、売上が落ちて大きな痛手に
なるので、会社としてもあまり強く言えないケースがあります。

ちなみに、私がやっているのは、そんな心配はありません!

必死になって勧誘しなくてもいいシステムですから(^_^)

【連絡】橋本です。私はコレで会社を辞めました!
[PR]
【連絡】橋本です。私はコレで会社を辞めました!

パソコンが各家庭に普及し始め、インターネットをテレビを
つけるように当たり前にに扱うことが、できるように
なりかけていた時代、インターネットの掲示板なんかに
ネットワークビジネスの宣伝の書き込みがよく出ていました。

その当時、掲示板ネットワークビジネスのことをちょこっと
書くだけで、資料請求の問い合わせがけっこう来たそうです。

ただ、それも一時的なものでした。

ネズミ講まがいのインチキ業者の登場や、インターネット
黎明期の胡散臭いイメージなんかもあって、すぐにこの
方法は使えなくなりました。

ビジネスとは関係ない、テレビやスポーツの話題で盛り上がって
いる掲示板に、何の脈絡もなく、宣伝の記事を書く、マナー
無視の投稿もあったようです。

こういう背景もあり、掲示板ネットワークビジネス関係
の勧誘の書き込みは、すぐに削除されるようになり、掲示板
を使ったネットワークビジネスの宣伝は今はほとんど
見かけません。

とはいえ、インターネットを使って、ネットワークビジネス
をする事自体はできます。

掲示板は確かに難しいですが、他に方法はあります。


友人に声をかけず、インターネットメンバーを集める。
そんな方法があったらやってみたくありませんか?
↓今すぐクリック!
友人を勧誘するな!謎のネットワークビジネス成功方法
[PR]
MLM、いつまで友達に電話を続けますか?

ネットワークビジネスの会社ってどれだけあるんでしょうか?

実は日本国内で営業しているだけでも五百社とも、あるいは
千社以上あるとも言われています。


その会社を一覧にしてみたら...

千件を超えるリストです。
気が遠くなりそうです(笑)

会社の名前がずらっと並んだ表になりますね(笑)

そもそも全ての会社をリストにすることは、できません。

ネットワークビジネスは、次々と新しい会社が誕生しています。
その一方で、毎年、たくさんの会社が消えて行きます。

例え一覧を作ったとしても、次々と会社が入れ替わるので、
追いついて行けません。

では、危険なネットワークビジネスの会社の一覧だったら
できるでしょうか?

ネットワークビジネスの会社の中には、詐欺まがい悪徳会社、
粗悪品を高値で売りつけているとんでもない会社がある
かもしれないでしょう。

こうした会社を一覧にして、これからネットワークビジネス
を始めようとしてい人に注意をよびかける
ことができたら...

しかし、これも難しいでしょう。

いわゆる悪徳会社の寿命はそんなに長くありません。

最初から、会社を長く続けるつもりがないのです。

いろんな人達から、お金を騙し、さっさと会社をたたんで
しまいます。

だから、
「危険なネットワークビジネス会社一覧
というものがあったとして、その一覧に名前が載った会社
は、一覧が出来た時すでに、会社自体がなくなっています。

ただ、普通に営業しているネットワークビジネスの会社が
一覧に載せられる可能性もあります。

きちんとした会社でも、所属しているグループが、メンバー
への買い込みを強要、強引な勧誘なんかをしていれば、被害
にあった人からみれば、その会社は悪徳会社に見えるでしょう。


では「簡単に成功する会社一覧」はどうでしょう?

そんな会社はありません(笑)

でも、簡単に儲かる会社はなくても、「確実に成功する会社」

これなら間違いなく存在します。

ネットワークビジネスで失敗する人は、友人や親戚を勧誘
して上手くいかず、失敗していましす。

友人や親戚を勧誘しなくてもいいシステムであれば、良い
のではないでしょうか。

そういう会社で、成功している人の話って聞いてみたいと
思いませんか?
↓ちょっと見てみてください
【連絡】橋本です。私はコレで会社を辞めました!
[PR]
いつまで貧乏くじを引けば気が済みますか?
2009年のネットワークビジネス売り上げランキング
出ています。

たくさん順位を並べてもきりがないので、ベスト10だけ見てみました。

1 日本アムウェイ
2 三基商事   
3 ニューウェイズジャパン
4 ニュースキンジャパン
5 エキスパートアライアンス
6 ナチュラリープラス
7 ノエビア
8 フォーデイズ
9 シャルレ
10 高陽社

アムウェイが相変わらずの首位。
その他の顔ぶれもあんまし変わっていませんね。
売り上げランキング上位の会社はほとんど、扱う商品が
健康食品や化粧品、サプリメントですね。

これらの商品の共通点は、消耗品、すなわちリピート商品で
あるということです。

中には、浄水器や寝具、ファックスといった数十万円もする
耐久消費財を扱うネットワークビジネスの会社もあります。

しかし、それだと繰り返し購入してません。
従って常に新しい人をリクルートし続けなければいけません。


ネットワークビジネスの醍醐味は、成功したら、自分から
派生した流通ルートから自動的に収入が入って来る所です。

そう考えると、ネットワークビジネスで扱う商品は耐久消費財ではなく、消耗品
がおすすめです。

ネットワークビジネス売り上げランキングで、健康食品や
化粧品を扱う会社が上位を占めているのは、そういった
理由からでしょう。

【連絡】橋本です。私はコレで会社を辞めました!
[PR]
なぜあなたのビジネスは失敗に終わったか?!

ネットワークビジネス会社ってどのくらいあるんでしょうか?

日本で営業している会社だけでも、500社近くあるとも言われています。

扱っている製品も、定番のサプリメントから化粧品まで、さらには鍋、
布団、ファックスからいろいろです。

金持ち父さん貧乏父さんを読んで、ネットワークビジネスを始めようか
考えている時、あるいは会社を移ろうか考えているときにこれだけ
沢山の会社の中から、何を基準に選んでみればいいでしょうか?


よく言われるのは扱っている商品ですね。

ファックスや電話機といった、いわゆる耐久消費財は、一回買うと
それでおしまいです。

ネットワークビジネスでさらに収入が欲しいのであれば、継続して
新しい買手を見つけなければいけません。

一方、消耗品であれば、なくなれば継続して買ってくれます。

ネットワークビジネスで、安定した収入が得たいのであれば、やはり
サプリメントや化粧品といった消耗品を扱っている会社を選んだ方がいいと
思いませんか?

次にリクルート方法です。

友人や親切の名前をピックアップして、リストの上から順番に
「ネットワークビジネス始めたんだけど、一緒にやらない?」
と電話して聞きますか?
もちろん、コミュニケーションや説得に自信があるなら、それもいいでしょう。

では、そうでない場合は?

友人や親戚に声をかけずにできたら、そっちの方がいいと思いませんか?

友人、親戚に声をかけるな!常識を覆すネットワークビジネスセミナー
[PR]
【連絡】橋本です。私はコレで会社を辞めました!


ネットワークビジネスで扱う商品には健康食品や化粧品が
多いですね。

どこの会社も
「当社の製品が一番です!」
「特許取得、他社にはない高品質製品です」
と言っています。

では、どこの会社ねのネットワークビジネスの会社の健康食品
一番いいのか?

誰もがそう思います。

おそらく、ちゃんとしたネットワークビジネスの会社の製品
なら、品質はそこそこいいでしょう。

ネットワークビジネスという流通手段なら、店頭で売って
いるものより、高品質な健康食品を消費者に提供できます。

なので、どれも良くて当たり前でしょう。

ネットワークビジネスで成功出来るかどうかは、どの商品が
いいか、ではなく、まずは勧誘している方法があなたに
合っているかどうか、あなたが人を集められる勧誘方法か
どうか。

それが大事です。

月々の消費分の値段がリーズナブル。
買い込みも一切なし。

ムリな勧誘や、強制的なセミナーも禁止。

友達を誘う必要なし!インターネットとメールだけで展開が出来る!

自分が欲しい分を、適正な価格で買って、消費して楽しむ。

製品はその筋の専門家でも唸るほどの優れもの。一級品。

そんなアットホームで、消費者思い、かつすぐれた頭脳が集まった
結果を出し続ける、結果にこだわる集団のビジネスはこちらです
↓いますぐクリック
友人、親戚は誘うな!驚異のネットワークビジネス成功マニュアル!
[PR]

好きなことだけをしてリッチに暮らす方法



倒産してしまったネットワークビジネスの会社、ガイア

ガイアジャパンコーポレーションといい、1999年から
2001年までの3年間、架空の販売手数料を計上し、
1億7306万円の売り上げを隠し、法人税5530万円を
脱税したとして、打越正一社長ら3人が法人税法違反
(脱税)の罪で起訴されました。

また、そういった事も原因になったからでしょうか?
トップ会員が一斉に退会し、フォーリーフへ組織移動
してしまい、破たん(夜逃げ)状態になり、破産宣告しました。

ネットワークビジネスというのは世間から誤解されている
部分が多く、そのために、多くのネットワークビジネス
会社は「法律を守る」すなわち、コンブライアンスには
必要以上に気を使っています。

そこらの大手企業以上に気を配っています。

それが脱落なんて...

そりゃ、組織移動も起こるなあ...という感じですね。

ただ、ちゃんとしたネットワークビジネスの会社なら、
脱税なんてまず、考えられません。

ただ、会社がいくら気をつけていても、ディストリビューター
の行き過ぎた行為。

こればっかりは防ぎようがありません。

ガイアの会員が一斉に移動した、フォーリーフという会社
ですが、一部のディストリビューターたちが、
「癌が治った!」
と言ってサプリメントの話をしますが、このような発言は、
薬事法違反になる恐れがあります。

いずれにしても、正しい活動をしたければ、自分に合った
勧誘方法をするべきでしょう。


【連絡】橋本です。私はコレで会社を辞めました!
[PR]